初めまして。林田直樹です。

スポンサーリンク
プロフィール

当サイトにお越し頂きありがとうございます!管理人の林田直樹です。ここでは私の自己紹介となぜこのブログを立ち上げたか、その経緯について説明して行きたいと思います。

なるべく堅っ苦しくなりたくないのですが、結構深い思い入れがあります。リライトして充実させていきますので、お時間のある時に読んでいただけると幸いです!

 

#まずは簡単に自己紹介

林田直樹 1985年長崎生まれ 32歳

某食品メーカーからの転職を経て現在某電子部品会社で勤務中のパパリーマンです。

夫婦共働きで子供は保育園に通う男の子ふたり(4歳と2歳)と4人で大阪に住んでいます。

パパリーマンブロガーとして2018年6月にこのブログを立ち上げました。

 

#ブログを始めたきっかけ

スポンサーリンク
記事中アドセンス

転職 そして挫折

転職っていまとなっては一般的ですが、私の場合はとても苦労しました。それもそのはず。食品業界から電子部品業界です。ちなみに大学の専攻はバイオテクノロジー。ほんと自分でも笑っちゃうほど関連性がない。

例えて言うなら昨日まで畑で大根作ってた農家が明日からマグロの一本釣り漁に出かけていくようなものです。即戦力なんて言われてもりーむー。

それでも転職直後から重要な発表の場に立たされることが多く、慣れないながらいろんな資料を時間をかけて一生懸命作っていました。学生時代にパワーポイントを使った研究発表もしていたのでプレゼンには少しは自信がありました。

しかしそのプレゼンでさえ転職直後の私にとっては苦行でした。3日間も寝る間を惜しんで作った戦略をプレゼンしている時、発表中にも関わらずもうええやめろ。中断や。下がれ。と大勢の前で厳しく叱咤されたこともありました。

自分にとってかなりの力作プレゼンだっこともあり、それですらこの評価か、、、と。それまで感じたことのない無力感におそわれ、その日は近くの公園で一人涙していました。転職は私がこれまでに味わったことのなかった挫折感を私の心の深いところ植えつけました。

 

そして躍進

当時の私は業界のシロウト。ネットだけを頼り表面上の情報を集め、小手先のパワポの綺麗さを武器にプレゼンを組み立てていました。これではいくらパワポのスライドが綺麗でも、その道のベテランからすると内容も何もないペラッペラなプレゼンでしかなく、すぐに見透かされる。今振り返ると、当然の結果だったなと納得しています。

それからというもの、恥も気遣いも捨て社内外関わらず教えを請いながら、がむしゃらに業界や会社・自業務について勉強しました。

もちろん畑違いのしかも中途社員である私に対して、風当たりは弱くはありませんでした。しかし例えまわりがイヤイヤ参加している研修であっても全力で取り組み、確実に自分のスキルに消化することだけ考えていました。徐々にではありますが、『あいつはなんでも一所懸命取り組む。そして結果を出してくれる』と認めていただき周りの上司や同僚、後輩に頼られる機会も増えていきました。

私が自分を認めてもらい、自分の思ったように周りを動かしていく為に一番力を入れて磨いてきたのが他でもないプレゼンテーションです。決して表面上の綺麗さだけをもとめたペラッペラのものではなく、論理的かつ伝えたいことが最大限相手に伝わるプレゼンを最短時間で作る方法を妥協なく突き詰めてきました。この努力によって今の私があります。

 

得た気づき みんな時間を無駄にしている

転職してからというもの会議の場で数えきれない程のプレゼンを聞く中で、大切な気づきを得ることができました。

多くのプレゼンは論理性やストーリー性、伝える力が欠けていたのです。せっかくいいアイディアでも論理性に欠けるもの、想いはあってもスライドのデザインが効果的でないものなど様々なパターンがありました。

そこで感じたのはこんな伝わらないプレゼン資料作成に一体この人は何時間かけたんだろう、、、という疑問です。こんなプレゼンを作る時間、それを聞かされる会議。ここで発生している損失について考えると、心底ゾッとしました。これは私がブログを始める大きなキッカケになっています。

 

部下・後輩 チームができた

そしてそんな私にとってのもう1つの転機は部下・後輩をチームとして率いる立場になってたことです。

幸いにも個性豊かな若手メンバーに恵まれ、日々いろいろなことを伝えています。自分にとっては当たり前のことでも相手にとってはとても難しいことがたくさんあり、とても刺激的な毎日を過ごしています。

 

プレゼンの社内講師に勝手になってみた

社内外でプレゼンの機会が多くあり、よく「資料作成について教えて欲しい」と言う声をいただくようになっていました。そこで私にとってとても想い入れが強いプレゼンについて、課内向けではありますが講座を開くことにしました。名付けて「パイセンのプレゼン講座」です。

まだ部門内が中心で部門外は1度しか実施できていませんが、とても好評で私の部門でもやってほしいといった声もいただいています。とてもありがたいことです。プレゼン講座とうたいながら今は資料作成のノウハウが中心となっていますが、もっともっと内容を充実させて社内6万人のプレゼン先生になることが私のこの3ヶ年の野望です。

 

 

そうだ、ブログをやろう!

パイセンのプレゼン講座がとても好評だったこともあり、すぐ調子に乗ってしまう私はこう考えます。

このノウハウを活用できる人が他にもたくさんいるんじゃないだろうか。一人一人がしっかり自分のアイディアと向き合い、これを短時間で資料に落とし込むことができて、さらにこれを相手に伝わり易くプレゼンできたなら・・・・

もしかしたらまだ見ぬ人で喜んでくれる人もいるかもしれない・・・!!!

こうしてめでたくブログが立ち上がることになりました。

 

#このブログで発信すること

ここでは伝わるプレゼンを作るためのノウハウを発信していきます。

具体的には「アイディアのまとめ方」、「プレゼンストーリーの組み立て方」、「パワーポイントによるスライド作成方法」、「エクセルによるデータ集計方法やグラフ作成方法」、「他人が作成したスライドに対する改善案」とこんなところです。

あとはパパリーマンとして子育てや共働きに関連した内容も随時発信していきたいと考えております。

 

皆様にとってより良いコンテンツにしていきたいと思っておりますので、応援どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

2018年7月吉日 林田直樹

 

 

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
プロフィール
スポンサーリンク
rindamanをフォローする
スポンサーリンク
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました