【超簡単】休日パパのスパイスカレー

スポンサーリンク
パパリーマンの手料理

こんにちは!パパリーマンです!

突然ですがみなさんは自分でゼロからカレーを作りたい!と思ったことはありませんか?

いやそんなんないわ

あるわけないやろーーー

じゃあいったんこの本読んでみよ

そう。マジでいい本と出会いました。

めっちゃわかりやすくて、これだけでカレー屋さんのヤツ一通り作れちゃうんじゃないかってくらい丁寧にスパイスカレーの作り方が紹介されています。

実際に作ってみた感想を紹介しますね。

スポンサーリンク
記事中アドセンス

スパイスをそろえよう

スパイスカレーを作るってなってまずぶつかるのはやっぱりこの問題。

自分で作ってみたいけどスパイスを揃えるのが大変で、、、

カルダモン?そんなポケモン知らーん

と思っていましたが・・・・

バァァァーーンwww

割と簡単にその辺のスーパーでそろいます。僕は近くの阪急オアシスでそろえました。一から集めることになっても1,000〜2,000円で揃えることができますよ。さぁ、スーパーへGO!!

ちなみにネットでもスパイスセット手に入ります!

スパイスは事前に準備しとく

さて、今日はキウイとスペアリブのカレー。まずは材料とスパイスをしっかり全て準備するところから。

並べてパシャり
カラフルでいい感じ♪

はじめにスパイスまぜておくと落ち着いて料理できるね!

肉を漬け込んでみる

レシピ通りスペアリブを漬け込みました。

その辺にあった適当な袋に入れてもみもみ

お肉がめちゃやわらかかったのはこのおかげか・・・

前半戦は香りと旨味の土台作り

まずオリーブオイルに香りをうつします。

じわーっといい匂い

次に香味根菜類を炒めて、

みてるだけでいい匂いするやつ

こんがりしたら玉ねぎを入れました。

かっこつけてむらさき玉ねぎ

焦げそうになったら水を入れて黒くなるまで炒めてー

ペースト状になってきたら前半戦終了

隣のコンロで鉄鍋ステージ

この間に隣のコンロで鉄鍋ステージを開催。

鉄鍋をガンガンに熱して・・・
漬け込んだ肉を焼く!うひーこれもいい匂いー!

て写真とってニヤけてたら・・・

焦げた!

皆さんは火加減に注意しましょうね!

お肉の脂分がたくさん出てくるので表面が焼けたスペアリブはいったんキッチンペーパーにあげました。仕上がりがサッパリしましたぜ。

しめじに吸わせろ!

使った後のフライパンに結構な油分とキウイの残骸的なものがあったので、これを活かしたいなーと思いしめじを投入!

めちゃいい味だしてくれるやーつ

カレーになりだす後半戦

お肉もしめじも焼けたらお鍋に入れて、

ごろっごろやーん

そして水を投入。

お、、、なんかぽい色になってきた

小松菜で映えさせろ!

ちょっと色味的にさびしいなーと思い

冷蔵庫に余ってた小松菜をいれてみる。

ばえーーー!だけでなく甘くて美味しいやつ。

仕上げはヨーグルトソース

このカレーは仕上げにヨーグルトをかけるんですが、そこに入れるミントがなくて、

レモンの皮をいれてみました
きざんできざんで

しかしこれは失敗www

食べた時にけっこう口に残る・・・。

もっと柔らかなサッパリ系の物を入れた方がいいです。

休日1人料理サイコー

いやーそれにしても。。。今日はワイフが子供をプールに連れて行っている間に1人で作ったんで片付けもしながら出来てとても気持ちいぃ・・・

キッチンさっぱりしたまま完成へ

まぁ助手がいても楽しいんですけどねwww

スパイスカレーがホントにできた

さてさて、出来あがったカレーがこちら。

こんな感じ

すごーホントにカレーできとるー!!!

 

めーーーちゃめちゃ美味しかったね‼️カレー好きのママも大満足!

自分で作ってみるとわかるんですが、味わった時に入れた全てのスパイスの味がするんです。カレーってとても不思議。お肉は漬け込みを1時間程度やったのですっごい柔らかいし、キウイの酸味もヨーグルトのまろやか作用も全てがマッチ!かなり大満足な仕上がりになりました。

意外と簡単!あなたもぜひチャレンジしてみてくださいね!!!

やってみよう!

ではでは!次回も乞うご期待!

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
パパリーマンの手料理
スポンサーリンク
rindamanをフォローする
スポンサーリンク
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました