【超超初心者向け】誰だってできるVBA!元気の出るマクロの作り方

広告
Excel
広告
記事中アドセンス

はじめに

想像してみてください。

あなたが
 ・難しい課題にぶちあたった時
 ・上司にきつく叱られてとても苦しい時
 ・エクセルがうまく動かず修正できない時
 ・とにかくもぉしんどい時 etc…

そんな時に突然。

いつも一緒に頑張ってくれてるパソコンから“ポンッ”とメッセージが出てきたら・・・

めっちゃ元気でるーーーーー!!!

みたいなことあったら素敵だと思いませんか?

マクロ初心者”ですらない”あなたへ

こんにちは。パパリーマンです。

私は仕事でエクセルを使わない日はありません。これを読んでくださっている皆さんにもそんな人は多いのではないでしょうか?

僕らは毎日アマゾンプライムだぜ!

そんな私は先日、ずっと気になっていたVBAをはじめてみました。

いや、まずVBAってなんやねーん!!

大丈夫。私もこの本を買うまではVBAがなにかすらわかりませんでした。

そう。VBAはいわゆる「マクロ」

エクセルにボタンがついていて、押すとぶわーーーってパソコンが動くやつありませんか?

あれです。あれ。

業務時短オタクのパパリーマンも今まで避けてきました。

でも先月この記事を読んだ時に思いました。

Excelのボタンのしくみ。ボタンにはマクロが登録されている。 | EX-IT
他の人がつくった Excel にあるボタンはどういったしくみになっているのか解説してみました。 目次1 押すと自動的に処理できるExcelのボタン2 ボタンにはマクロが登録されている3 Excel マクロで何をやってるか …

マクロなんてやったことないけど、これくらいならなんとかなるんじゃね?

そして思い切って本を購入してみたパパリーマン。

でもずっと不安がつきまとっていました。

最大のハードルは本を読み始めること

これはどんな新しいことを始める時にも言えることですが、なにかやる時は最初の一歩が一番ハードルが高いんです。

もちろん私も例外ではなく、実際に本を開いて読み始めるハードルがすごく高かったです。

マクロなんてやったこともないしプログラミングとかできるわけない。結局時間を無駄にするだけじゃないやろか・・・。

えーパパびびってるやん!

だっさーーー

そう。この不安=ハードルになります。

今回VBAを始めるにあたってのハードルは3つ。

・本を買うハードル
・本を読み始めるハードル
・本にそって手を動かすハードル

でもなかでも圧倒的にハードルが高かったのは本を読み始めるハードル。これがめちゃくちゃ高かった。

だから今日はこの本を読んだ私から、あなたの本を読み始めるハードルを取り除いちゃうために、世界一かんたんで優しいマクロの作り方を先にお教えしておきます!

これは本当にむっちゃくちゃ簡単!エクセルの関数が使えなくてもできますからね。

えっそれじゃあ僕にもできるん?

幹史も一緒にやれば絶対できるよ^^

えーーーやったぁ!教えて教えてー!

ではさっそく見ていきましょう。

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
Excel
広告
rindamanをフォローする
広告
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました