Power Point

【初心者必見】パワポ資料が超絶まとまるテクニック グリッドとガイドを使いこなす

こんばんは。パパリーマンです。

今日はグリッドとガイドを使ったスライドの作り方を紹介します。

スライド作り 最低限の身だしなみ

親友が部屋に遊びに来る時、あなたはどんな格好で迎えいれますか?

パパリーマン
パパリーマン
どんなに仲良くてもさすがにパンツは履いていますよね。

次男かいし
次男かいし
いきなり何を言いだすんだこのやろう

パンツを履いているということは人として過ごすための最低限の身だしなみ

パパリーマン
パパリーマン
実はスライド作りにも身だしなみがあります。

ここではパワポ資料作りの身だしなみであるグリッドとガイドについて紹介していきます。

グリッドとガイドの表示方法

まずパワポの作成画面から。

言うなればこれがスッポンポンの状態。このままでは大切なプレゼンを任せるスライドなんて作れっこありません。早くバンツ(グリッドとガイド)をはきましょう。

グリッドとガイドの表示方法はとても簡単です。

まずスライド上の適当な位置で右クリックを押してみてください。

次にグリッドとガイドをクリックするとこんな画面が出てきます。

ここで グリッドを表示 と ガイドを表示 それぞれにチェックを入れてみてください。

するとすると、、、

次男かいし
次男かいし
なんか点線(グリッドとガイド)でてきたー!
長男みきと
長男みきと
これでやっとパンツがはけたね!

スライドの有効範囲を決めろ!

このグリッドとガイドを表示することによって、1枚のスライドの有効範囲を明確にすることができます。

パパリーマン
パパリーマン
実はここがとても重要なポイント!

全てのスライドでこの枠を意識しながら資料を作成すること。自分のなかで「必ずこの中に収める!」と決めて、これを頑なに守ること。全てのスライドでこの決まりを守ることによって、プレゼン全体を通して統一感のあるスライドを作ることができるようになります!

身だしなみ Before After

最後に実際にスライドを作った時の例を見てみましょう。

スッポンポンのまま作ったスライドはこんなことになります。

長男みきと
長男みきと
あいたたた。縦横がバッラバラ。
次男かいし
次男かいし
なんかモゾモゾするわー
パパリーマン
パパリーマン
ちょっと極端に表現していますが、決して人ごとではありません。

一方、グリッドとガイドを表示して作成したスライドはここまで整います。

グラフと下の結論のオブジェクトがきちんと決めた有効範囲内に収まっていることがわかります。

次男かいし
次男かいし
あぁ、、、もう、超気持ちいい。

おわりに

このテクニックは一貫性のあるプレゼン資料を作成するための大切な第一歩です。まだまだ上を目指して迷わず突き進みましょう!

スライド作成作業を早く進めるためにも、スライド全体の統一感を出すためにも、是非グリッドとガイドを表示しながら作業をしてみて下さいね。

では、次回も乞うご期待!!!

ABOUT ME
林田直樹@転職パパリーマン
転職パパリーマンの林田直樹です。普段は某大手電子部品メーカーでマネージャーやったり、2人の保育園児の子育てしたりしてます。夫婦共働きなので無駄な時間は大嫌い。パワポやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法や子育てについて発信しています。