エクセルでグラフ作り まずやるべき3つのこと

広告
Excel

こんばんは。パパリーマンです。

今日はイケてるグラフの作り方について紹介します!

「イケてるグラフ」ってのはイケてないね

かいちー!

きょうはさっそく飛ばすねぃ!

がびーん:;

2人ともおてやわらかに〜

広告
記事中アドセンス

はじめに

ビジネスマンの皆さんはいろんな場面でグラフを作る機会があると思います。

その時、なにか困っていることってありませんか?

あるある〜。

なんかいつもグラフがワンパターンで見にくいんよねー

なんとなく色使いがイケてない!!とかも思うな。

そうそう。いつも言いたいことはあるんだけど、うまくグラフで表現できないし。

パワポにグラフはる時いつもサイズ調整めんどいよね〜。しかもうまく入らんかったりするし!

2人ともそんな悩みを抱えてたんだね。。。じゃあ今日は伝わるグラフが簡単に作れる方法を教えるね!

事前準備

まずは下の画面を参考に、グラフにしたい範囲を選択①して、挿入タブをクリック②してから折れ線グラフを選択③しておきましょう。

いきなり字きたなっ!

iPad買ったから練習中なんだよね。うふふ。ちょっと我慢してね。

そして最初にできるグラフはこんな感じ。

グラフができたー!よし、ここから!

ではさっそくグラフ作りでやるべきことを説明していきます。

サイズを決める 「いいよ兄さん」の法則

まずエクセルでグラフを作成したら何をするべきか。

意外っ!それはサイズを決めること!!

ジョジョ・・・

そう。まずはグラフの大きさを決めましょう。

どんなグラフでもそれを作る目的は、何らかの形でデータを可視化し、アウトプットすることです。

それがレポートなのか、プレゼン資料なのか用途は様々ですが、どこであれ、サイズが整っていないグラフは見づらいし配置しづらい。

なので、有無を言わさずグラフを作ったらまずサイズを決めちゃいましょう。

私は「10mm x 18mm 」か「14mm x 23mm」の二つを使い分けしています。

「10mm x 18mm 」は主にWEBレポートにそのまま使います。Excelのシート上でもとても収まりが良く、いくつかのグラフを管理するときにもコンパクトでとても使いやすいです。

もう一つの「14mm x 23mm」は少し大きいのですが、エクセルのシートをコピーしてそのままパワーポイントに貼り付けする際、ちょうどいいサイズになります。こんな感じ。

いちいちグラフのサイズをいじる時間はマジで無駄よね。

まずは「いいよ兄さん」でためしてみてねん!

ここでは4:3のスライドサイズを例に説明しました。16:9のスライドを普段使う人も、ぜひ自分にあったサイズを探してみてくださいね。

フォントを決める MeiryoUIかヒラギノ角ゴ

次はフォントです。

見にくいフォントはいややなー

でもいちいちフォントに悩むのはもっといや

これもあとで調整したり悩んだりしなくて済むように、作りはじめに決めちゃいましょう!

ExcelでのオススメはずばりMeiryo UI、Macならヒラギノ角ゴ

コツはグラフの一番外側の枠をクリックした後にフォントを変更することです。

これによって一発でグラフに関連するフォントを全て変更することができます。

フォントなんて細かいところにこだわって時間をかけてしまっているそこのあなた。

もう迷わず決め打ちすることをオススメします。

3.題名とグラフ領域をわける

ここも曖昧なままグラフにしちゃってる人、意外と多いです!

その後にグラフのタイトルとグラフ領域を区別するように調整します。

初期設定だとグラフの領域上に題名があります。

そのタイトルをそのまま上にずらしてグラフの範囲を縮めます。

これによって、タイトルがきちんと引き立ちます。

ちなみに、、、どんなグラフでサイズの調整ができます。「これより小さいとわかりにくいんじゃないか・・・」といって最初に作ったグラフのサイズを死守しようとする方が結構おられますが、正直少しくらい小さくなっても、そこに理路整然と並んでいる方が受け取る側としては見やすい印象となります。

ちなみに私は普段から既定の凡例は使わないのですぐにこの段階で消しちゃいます。

終わりに

以下のこの後のステップについても次の記事で説明します。

4.グラフ種類を決める 在庫は面 見込みは折れ線 実績は棒

5.色を決める 出でよユニークネス

6.軸を変更する

7.ラベルをつける

ではでは次回も乞うご期待!

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
Excel
広告
rindamanをフォローする
広告
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました