キャンプ

*snow peak 焚火台 LかMで迷った時に読むブログ

はじめに

こんばんは。パパリーマンです。今日は家族と能登温泉キャンプ場に来ています。

すでにワイフと子供2人は寝静まってしまったのでプチ1人キャンプ。YouTubeで憧れてた焚き火を堪能しています。

僕のこだわり 焚火台はsnow peak

今年子供が6歳と4歳になる歳なんですが、ようやく少し落ち着いてきたこともありキャンプを始めました。

キャンプのアイテムはほとんどワイフ任せなんですが、唯一僕がこだわって選んだのがそう*snow peakの焚火台です。

パパリーマン
パパリーマン
かっこよさだけでなく、こだわりとストーリーがあってもうタマラン。

1番の悩みどころ LにするかMにするか

僕は欲しいものを買う時、結構長い時間考えて決めるほうです。財布も靴もカバンも。カバンなんて欲しいってなってから1年以上いろんなもの見て決めています。

パパリーマン
パパリーマン
財布もこれにたどり着くまでに半年以上かかったな。
次男かいし
次男かいし
めんどくさっ!
パパリーマン
パパリーマン
そんな僕がこの焚き火台で一番悩んだのはサイズです

公式サイトにはSサイズ(1~2人用)、Mサイズ(2~3人用)、Lサイズ(3~4人用)となっています。

パパリーマンにとっての悩みどころはLにするかMにするか。

ちなみに林田家はめちゃ少食。特に牛肉は普段あまり食べません。

長男みきと
長男みきと
それでなぜBBQをしようと思ったん・・・?

食べる量としては4人で普通の大人の一人分くらいで十分満足しちゃうし、Lは高いしどうしようかなー。とめちゃ色々調べました。

実物を見に行って、

動画も見て、

スターターセットにするかどうかも考えましたが、焚火やバーベキューではススや脂で汚れるし持ち運びのカバンは必要。

パパリーマン
パパリーマン
でもスターターセットだったらLとMで5,000円も違ってきます。

Lがこれで、

Mサイズがこれ。

次男かいし
次男かいし
それもう一個BBQコンロ買えるやん・・・

そして実物を見て決心しました

スノーピーク箕面まで足を運び(2回もwww)、店員さんとも話しした結果、Lサイズのスターターセットを購入することにしました。

買ってみてわかったんですが、家族で使うなら絶対にLの一択

というか1人キャンパーでもLが絶対におすすめ。

Lがオススメな理由

じゃなんで僕がLをゲキ推ししてるのか。理由は3つあります。

薪のサイズが通常のでいける

これはスノーピーク箕面で展示されていて店員さんにも教えてもらったんですが、キャンプ場などで買える薪は通常30cm。

Mサイズの幅は35cmなので30cmの薪を入れるにはどうしても手狭です。

ちなみにこの日はハーフサイズ(17cm)です

これからいろんなシーンで使うことを考えると、Lサイズの方が後悔せずに済みます。

Lの方がオプションが充実している

スターターセットがあれば、あとはホームセンターで安い網と炭を買えばバーベキューができます。

しかし、もし今後何年もキャンプをすることになった時、やっぱりいろいろと充実させていきたくなると思います。

これからずっとサイズによってオプションを限定したくない。家族の成長にあった装備を追加していって家族で過ごす時間をより良いものにしたいなーと思いませんか?

パパリーマン
パパリーマン
それなら絶対Lです!

とにかく収まりがいい

今回僕はお試しでハーフサイズ(17cm)の薪にしてみましたが、とても収まりがいい。

小さくて困ることはあっても大きくて困ることはありません。むしろ使えば使うほど満足感は増すばかり。。。

おわりに

というわけで、焚火台のサイズで迷っているパパはLにした方がいいです。

あなたもこのブログを奥さんにこっそり転送して(笑)5,000円高いけどLサイズのスターターセットをポチりましょう。

ショップには実物も置いてあるので価格もチェックして、ネットで買うかどうかは比べて決めてくださいね。

ちなみに僕はネットも実店舗も同じ値段だったので、実店舗でかって持ち帰りました。

パパリーマン
パパリーマン
ずっしり重かった〜!でもそれも良し^^

ではでは。次回も乞うご期待!

ABOUT ME
林田直樹@転職パパリーマン
転職パパリーマンの林田直樹です。普段は某大手電子部品メーカーでマネージャーやったり、2人の保育園児の子育てしたりしてます。夫婦共働きなので無駄な時間は大嫌い。パワポやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法や子育てについて発信しています。