口之津が生んだ島原弁宣教師 如月暖寒 僕の親父はユーチューバー

スポンサーリンク
プロフィール

こんばんは。

今日は僕の親父を紹介します。

 

 

親父は変わっているかもしれん。

 

このことに気が付いたのは大学生の時。

 

 

僕のおやじはユーチューバー

 

親父は個人的に曲を作ったり、コントを収録したり、それをCDにして配ったりしています。

幼い頃から、家のカセットデッキに親父の大学自体のテープをセットして、島原弁講座(親父が大学の友達と作ったラジオ音源)やシクラメンの香り(多分親父たちのオリジナルの曲)をよく聞いてきました。

そして僕が大学生の時、なにも考えずこれを部屋で流したら、当時のバンド仲間が「やばいやばい」と大興奮。この時、

 

あ、うちの親父って普通じゃない

 

と初めて知りました笑

 

ということは、わりとみんな面白がるはず。

 

そこで親父のコメントと共に親父の動画を掲載します。実は動画にされていないだけで、音声だけの音源はもっとたくさんありますが、それはまた後日要望があればUPします。ないでしょうが。

 

ではではこれより下は、暇すぎてどうしようもない時だけ見てください笑

 

 

初心者のための島原弁

音源収録:1980/3/31 動画撮影:2011/07/07

構想・司会:荒巻潤平

講師:諏訪池女子大学教授 林田龍馬(如月暖寒)

生徒:中島くん

後頭部出演:長女と喧嘩した直後の母

 

以下解説(如月暖寒):

長崎市で生まれ育った荒巻潤平(注1)が、父親の転勤で南島原の口之津に高校1年で転校した。そこで聞く周りの言葉は、
同じ長崎県の言葉とは思えない奇妙な言葉だった。

口之津で育ちでそのしゃべり方が普通だった如月暖寒(注2)は、大学
卒業後その事を彼から聞き、方言の面白さに気付かされた。

さっそく荒巻がネタを考え、ネイティブで話せる如
月が講師役で、1発取りしたのがこのコントである。


 

注1:学生時代に親父とバンド活動してくれてた相棒さん
注2:ペンネームかなんか知らんが親父は通称ダンカン

 

 

ワンポイント島原弁講座

音源収録:2008/8/27 動画撮影:2016/03/15

司会:荒巻潤平

講師:諏訪池女子大学 如月暖寒教授

 

以下解説(如月暖寒):


初心者のための島原弁の続編を!という要望に応えて、シチュエーションを変えての第2弾。

夜の長崎市内をドラ
イブしながら聞く80年代の深夜放送、という設定。


 

 

なぁ、おやじ。そんな要望がどこから。

 

、、、と思ったら、いてくださりました!

超難解!島原弁 第二弾。 | 書くことで得られるもの、をつかむまで
以前、「超難解!島原弁」という記事を書き、たくさんの方に読んでいただいた。 何より、記事の中で紹介させていただいた「初心者のための島原弁講座」をYouTubeにアップされていた、...

港サイダーさんのブログ、とても面白いので覗いて見てください!

なんかむちゃくちゃ丁寧に親父のことを扱ってくださっていて、逆に違和感があるくらい笑 港サイダーさんに感謝!

 

じょーず

収録:2009/01/18 歌:如月暖寒

ダンス:外短ダンサーズ

イラスト:トキコとフサコ(外短シスターズ)

撮影場所:次女の部屋

 

以下解説(如月暖寒):

じょーず
「島原弁講座」の音楽版を作ってみた。島原弁の響きが英語に似ていると感じ、リズムに乗せ、何をやっても上
手にやってしまう人のことを歌っている。

サウンドはTower of Powerを引用しており、バックダンサーは娘と
その友達、外短シスターズ!途中のイラストは外短シスターズのトキコとフサコ作。

 

左から二番目が次女っす。こんな撮影に協力してくれた友達のやさしさとノリに感謝。ちなみに出演料はその日の晩御飯だったそうな。重ねて感謝。

 

 

じょーず「デジタルバージョン」

じょ-ず(デジタルバージョン)

作成:2009/04/11 歌:如月暖寒

ダンス:外短ダンサーズ

イラスト:トキコとフサコ(外短シスターズ)

撮影場所:次女の部屋

 

以下解説(如月暖寒):

じょーず「デジタルバージョン」
じょーずの画像がTV画面を録画したため悪かったので、デジタル化した映像を再アップした。その際、日本語訳
の字幕を入れ島原弁を解りやすくした。


 

 


あもじょが来る

あもじょが来る!_0002.wmv

収録:2009/12/23

作詞作曲・歌:如月暖寒

イラスト:トキコとフサコ(外短シスターズ)

 

以下解説(如月暖寒):

あもじょが来る!
島原弁を使った曲をもう一つ欲しいと思い、題材を探していた時。テレビで台風の進路予報を見て、はっぴいえんど
の「台風」を思い出した。

来るよ来るよ、また来るよ…。このフレーズを怖いものが来る=あもじょ(お化け
)が来る、と置き換えてみた。歌詞は昔親から言われていたことを元に、2,3番は世の中への不満を書いた。

作
詞、作曲、アレンジと録音までなんと半日で出来上がった曲。アレンジのヒントをMiles DavisのSo Whatから
もらった。映像のイラストはこれも外短シスターズのトキコとフサコ作。


 

 


島原鉄道南目線

島原鉄道南目線.AVI

収録:2010/03/30

歌とギター:如月暖寒

ベースとコーラス:林田直樹

撮影場所:次女の部屋

 

以下解説(如月暖寒):

島原鉄道は、諫早と加津佐を走っていたが、2008年に旧口之津鉄道である島原外港~加津佐間が廃線になった。

慣
れ親しみ愛着のあるこの鉄道へのオマージュとして作った歌である
。就職間近の息子がベースとコーラスで参加している。

 

 


天孫降臨

天孫降臨

撮影:2010/12/29

歌:如月暖寒

打ち込み音源:如月暖寒

出演:荒巻潤平と奥さん

 

以下解説(如月暖寒):

荒巻潤平が2010年に若い女性と再婚した。披露宴で挨拶を頼まれたので、言葉だけでなく歌を作った。

言葉や靴
が変わってゆく彼を歌った。曲はRCサクセションをベースに作った。

 

 

おわりに

動画を全部見てしまったあなた。

ぜひ如月暖寒(本名:林田辰昭)へ応援のメッセージをお願いします!w

林田辰昭
林田辰昭さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、林田辰昭さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

ではでは、今日はこの辺で。

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
プロフィール
スポンサーリンク
rindamanをフォローする
スポンサーリンク
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました