「メモ魔」に最適!4色ボールペン頂上決戦 JETSTREAM vs Clip-on multi

広告
小物選び

こんにちは。パパリーマンです。

今日は超マニアックに検証した4色(多色)ボールペンの頂上決戦です。

4色ペン使ってみたいけどどれがいいの???

たくさんあってわからない〜

と迷っているあなたへ。

最高品質の4色ボールペンをお教えしましょう。

広告
記事中アドセンス

▼はじめに

メモの魔力、めちゃいいですね。

メモの魔力でも色分けのアイディアが紹介されていました。僕もノートを取るときは色の使い分けをしていますが、この”ペン”ってとっても大事ですよね。

私はいつも1本1,000円という、そこそこ値のはる多色ペンを使っています。学生の時が使ってた粗品的な軽ーい安ーいやつではなく、しっかり長く使えるものを使いたいものです。

今日は”メモ魔”のテクニックが最大限に活用できる、最高級4+1色ペンの頂上決戦をお届けします。

▼最高級4+1色ペン 頂上決戦 

最も高級でリーズナブルなのはこの多色ボールペン2本。今日はこの2本を比較していきます。

ってあれ???アマゾンめっちゃ安いんやけど・・・

お父さんどっちもロフ○で1,080円で買ってたのに・・・寝てるぼく抱っこしてめっっっちゃ並んでまで・・・笑笑

次回からはペンもアマゾンで買うとここに誓います。

▼まずはザコポイント比較

パッと見のかっこよさ ◎JETSTREAM ○Clip-on multi

これは売り場で見たらわかる。

主な違いはクリップの材質とペン先、そしてノック部分です。

左がClip-on multi 右がJETSTREAM

JETSTREAMは先っぽもクリップも光沢があってカクカクっとスタイリッシュ。

Clip-on multiは丸いフォルムでポテッと可愛いですね。

好みによるけど、ここはJETSTREAMに一票かな〜。

例えるならClip-on multiは「実直で不器用なジョナサン・ジョースター」

JETSTREAMは「凶悪なカリスマ、ディオ・ブランドー」だと考えてもらえるわかりやすいですね。

ね、じゃないし。ジョジョわかんないし

消しゴムのところも違うけどこれはどっちでもよし。

重心はどのへんなのか ○JETSTREAM ×Clip-on multi

これも売り場で持ってみたらわかるかも。

手前がJETSTREAM わずかだが重心がペン先側にある。

よく見るとJETSTREAMの方が重心がペン先に近いことがわかります。

これは重心がペンの上にきがちな多色ペンにおいて、大きなメリットですね。書きやすい。

ちなみにこれバランスとって写真撮るのめっちゃ大変でしたwww

じゃあ本体の重さは? ×JETSTREAM ○Clip-on multi

次は重さ。

ネット上の規格値ではJETSTREAMが23.6g、Clip-on multiは24.2g。

でも使っている感じでは絶対にClip-on multiの方が軽いんですよね。なので実際に測ってみました。

するとすると・・・

JETSTREAMは24g
Clip-on multiはなんと23g

なんか実際測ってみるとClip-on multiは公称値よりもちょっと軽いみたいです。

だから長時間でも疲れにくい。

ちなみにどちらも替え芯したばっかりです。なので、重さはClip-on multiに1票!!

▼使い倒して初めてわかるマニアックポイント

さてさてここからが本番。実際に使い倒して見て初めてわかる違いを紹介していきますね。

インクの発色大事よね ◎JETSTREAM ×Clip-on multi

実際に書いてみたのがこちら。

JETSTREAMは特に赤と黒の発色がピカイチ

しっとりとしたインクでとても色が濃く、ビビットな線が引けます。

一方のClip-on multiは、ペンを紙の上にのせただけではそこまで色が乗りません。

筆圧高めに保つことで安定した線が引けますが、JETSTREAMと比べるとやや色が薄く乾いた感じ

JETSTREAMはインクの性能をめっちゃおしてるだけある

ここはジェットストリームインクを搭載したJETSTREAMに軍配が上がります。

書き心地もゆずれない ◎JETSTREAM ○Clip-on multi

インクを紙にのせる感覚でJETSTREAMは万年筆に近い感覚。

めちゃくちゃスススッと書きやすくて、字が綺麗に見える。(気がする)

そして感覚的にClip-on multiは色鉛筆に近い乾いた書き心地です。

シチュエーションによって良し悪しですが、ちょっとしたメモにはJETSTREAMの書きやすさはメリットであると言えます。

クリップの使いやすさ ×JETSTREAM ◎Clip-on multi

これは圧倒的にClip-on multiの勝利です。

Clip-on multiはその名の通り、上の部分を押すと開くクリップになっています。

一方でJETSTREAMは下の方を引っ張らないと開かない。

上がClip-on multi。右側の部分をつまむとクリップが開く。
下がJETSTREAM。クリップの”しなり分”しか開かない。

普段手帳やノートにクリップでつけて使う人はここマジ注意です。閉じた状態からグッと押し込むので、ノートにもシワができやすくなっています。

このクリップの部分はそのままシャープペンのノック部分になっているけど、クリップ部分のヘッドが小さいためにJETSTREAMはノックもしにくいです。

シャープペンを多用する人にとって、JETSTREAMのこれは致命的!

僕はシャーペン使わんから大丈夫!

盲点!インクのにじみ ×JETSTREAM ○Clip-on multi

ずっと使ってるとペンの先にインクが固まってきません?

僕これ大っ嫌いなんですよね。

しかも買いてる途中にそのかたまりがペン先から離れちゃったりしたら最悪。

一発でめっちゃ、にじんじゃいます。

これはJETSTREAMのほうが起きやすいです。

JETSTREAMは書きやすいインクを使っていて発色もピカイチですが、その分インクがたくさん出てきます。

そのせいで俄然ペン先にたまるたまる。これはかなりデメリットと言えます。

長時間書いてみた結果 ×JETSTREAM ○Clip-on multi

会社の研修で丸一日づつ両方書き倒しました。

JETSTREAMでのメモ。これは誰か読めるのか・・・
Clip-on multiでのメモ。これも・・・

結論はどっちも疲れるは疲れるんですが。

本当に1日とか長時間書き続けると、Clip-on multiの方が楽な気がしました。軽いからかな。

Clip-on multiも筆圧が必要なんですけどね。

JETSTREAMは短時間ささっとメモするサラリーマン向け。

Clip-on multiはずっとノートをとる小中高校生、そして大学生にもオススメという見解になります。

じゃあみきとが小学生になったらそっちかってー!

いや、まずは鉛筆からじゃないか、、、?

まぁでもおそろいもいいね^^買おっか^^

色の替えやすさも大事 ×JETSTREAM ◎Clip-on multi

意外と使って見ないとわからないのが、色を変えるときに困ること。

Clip-on multiはノック部分全体がその色なんだけど、JETSTREAMは色が付いている部分が狭いんです。

上がClip-on multi。一目で何色かわかる。下のJETSTREAMは色が付いている部分が狭い。

これ、意外とめっちゃわかりにくいっす!特に青と黒とかわかんない。

私は視力には自信があるんですが、Clip-on multiに慣れているとJETSTREAMは使いにくいです。

維持費=インクの持ち ×JETSTREAM ◎Clip-on multi

JETSTREAMはインクがたくさん出る分、減りも早いようです。

買ったばかりですが、黒のインクはもう結構な勢いで減っていっています。

替え芯は安いから配送はやってくれないかなー。

と思ったらありました。さすが。

20本セット販売もあります。

こんなにあるとおそろしいな!

逆にどんだけ減る前提やねん。

ゼブラさんもありました。

Clip-on multiは10本まとめ買いで1本あたり55円。

JETSTREAMは多色20本まとめ買いで1本あたり70円。5本セットだと54円。

維持費も考えるとJETSTREAMの方がかなり費用はかかりそうですね。

腕時計との相性も!! ◎JETSTREAM ×Clip-on multi

これは某有名商社の営業部長さんが使っているのを見て、ハッとしました。

JETSTREAMはステンレス性の腕時計との相性がめちゃくちゃいい。

これはClip-on multiにはない良さだなーーーと話に集中できないくらい笑

JETSTREAMのクリップ部分のステンと、腕時計のステン色の統一感があいまって、まじかっこよすぎました。

下手に高い万年筆を使ってるより渋くていい気がします。

そんな細かいとこまで見てるひとおらんてー

大人のおしゃれなんてほとんど自己満よね

いや、、、かっこ悪いよりかっこいい方が、いいに決まってるぜ!!!

▼頂上決戦の勝者は?

結論。

われわれビジネスマン、サラリーマンに最適な4色ペンは、、、

JETSTREAMに決定!!!

やっぱり書いた字の発色が綺麗。これはでかい。

そして地味にカッコつけたいオヤジ心をくすぐるデザインも決め手になりました。

でも有力すぎて人とかぶる!それはいややなー

でもしゃーない。いいペンやから。

▼そもそもフリクションはない

これは参考なんですが、そもそもなんで僕らは手書き派なんやろう。って考えたらフリクションって全く意味ないんですよね。

「書く」ことで「情報を脳みそに刻む」。

漢字を覚えるのも英単語を覚えるのも、”書く”ことが効果的であることはいろんなところで言われています。

つまり、消す時間があったら書け

フリクションでちまちま消して綺麗にまとめて書くくらいなら、ゴリゴリっと書いて消してそのとなりに書け。

それで綺麗にまとめるなら新しい紙に書け。

新しい紙にまとめることで視覚的に記憶できるので、左脳に刻まれやすく非常に効果的です。

▼終わりに

最後まで読んでくださってありがとうございます!

皆さんもいいものを長く使いたい派ですね。

僕もそうです。これから靴とかカバンもちょっとしたこだわりの品を紹介していきたいと思っていますので、

そちらもお楽しみに!

▼今日の息子日記

最近は次男の桧志(かいし)3歳が仮面ライダーにぞっこん。布団とか服についたタグが好きなのは相変わらずで、「へんしん!仮面ライダーピロピロ!」といって本気でタックルしてくるのがまた可愛いです。

ではでは!次回も乞うご期待!

プロフィール
林田直樹@パパリーマンブロガー

転職を経て大手電子部品メーカーで勤務中。二人の保育園児を持つ夫婦共働きのパパリーマンです。
パワーポイントやエクセルを使って効果的に資料を作成する方法を発信しています。時短テクニックによって浮いた時間で、妻や息子2人との時間を楽しむ。それが一番のモチベーションとなっています。
どうぞよろしくお願いします。

rindamanをフォローする
小物選び
広告
rindamanをフォローする
広告
パパリーマンの伝わる資料作り
タイトルとURLをコピーしました